医療脱毛の痛みが強い時には

ムダ毛に悩む女性
医療脱毛で施術を受けている方々は、たまに苦痛に関して悩んでいます。

理由を言えばはじめに心積もりていたよりも、多くの苦痛が生じてしまう事がよくあるからです。

一例を挙げれば一番目に腹積もりていた苦しみが、せいぜい4くらいだったとします。

ところが実のところに施術を受けてみると、7や8などの具合です。

あまりにも苦しみが大きいので、少々驚いてしまう時もあります。

特に皮膚が若干薄い箇所などは、そういう事がよくあるのです。

結局薄いとなると、それだけ内面に反対にレーザーが伝わりやすくなるからです。

ところであまりにも痛さが強い時などは、理不尽はしない方が良いでしょう。

正直、その旨をクリニックに伝えるのが無難と言えます。

と言うのも苦しみを我慢し続けてしまうと、それこそストレスが大きくなってしまいます。

同じ1時でも、痛さが強ければ3時や4時などに感じられる事もあるでしょう。

ところが病院に話し合いをしてみると、苦痛のレベルをすり合わせしてくれる事例があります。

と言うのもレーザーの機器には、光の強さをすり合わせする性能が備わっているのです。

ですから通常ならば8くらいの苦痛が生じるのですが、レベルをすり合わせしてくれる事により、6や5くらいにまで減少する事もあります。

言うまでもなく、それで脱毛の所要期間が長引く事もたまにあるのです。

けれども額に玉のような汗をかきながら、痩せ我慢をするのは、それこそ苦しみになってしまうでしょう。

余り痛い時は、理不尽せずに訴える方が望ましいと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です